ソーシャルレンディング 資産運用

トラストレンディング大型重機ファンド含む全てのファンドで遅延発生!船舶関連の追加発表

投稿日:

トラストレンディング大型重機ファンド含む全てのファンドで遅延発生!船舶関連の追加発表

トラストレンディングが新たなステージに突入しました。

サイト内で公表されている運用中の各ファンドの状況(2019年8月13日版)が、全て遅延と表示されています。

トラストレンディング運用中の各ファンドの状況(2019年8月13日版)

異常事態だにゃ!
物知りねこさん

以前記事にも取り上げましたがファンドに与える影響を考察した記事を掲載しました。

信用不安によってトラレンの業績は悪化し、危険な3つのファンド除染、コンサル、高速道路の元本返済履行できない可能性を考えました。

トラストレンディング 第二種金融商品取引業「登録取り消し」気になる運用中のファンドとエーアイトラストの今後
トラストレンディング第二種金融商品取引業「登録取消し」ファンドに与える影響を考察

トラストレンディングを運営しているエーアイトラストに重い処分が金融庁から下りました。 kantou.mof.go.jp  2 pocketsエーアイトラスト株式会社に対する行政処分 ...

続きを見る

ところが予想に反して、事業が継続しているファンドまでも期日までに利息の支払いが滞ってしまう異常事態です。

なぜ順調なファンド、大型船舶、船舶艤装品、大型重機までもが利息の支払いが滞ってしまったのでしょうか

トラストレンディングの言い分はこうです

前回の報告では大型船舶、船舶艤装品リファイナンスでの一括返済を計画しています。

トラストレンディング元本償還遅延発生「船舶艤装品ファンド」計画に明らかな遅れ!
トラストレンディング元本償還遅延発生「船舶艤装品ファンド」計画に明らかな遅れ!

トラストレンディングから動産担保付ローンファンド93〜102号が元本の償還が難しいとの報告が上がりました。 Trust Lending|エーアイトラストが運営する...Trust Lending|エー ...

続きを見る

男性社員
その中で一括返済の対象には「大型重機ファンド」も含まれる予定である事が判明いたしました。

と突然言ってきました。

管理人
さも調査したら、でてきた風に言いやがって!

ハァ━━━(´Д`#)━━━??

大型重機の募集ページをよく見てみると

【借入人の概要】

本借入人は九州・沖縄地方に本社を置き、主に国や県から発注される公共工事で使用される砂利の採取・運搬・卸しを行っている会社です。

県内に砂利採取事業者が少なく、競合が少ないことが強みで、現在国を発注者とする大規模な公共工事プロジェクト(以下、「本件プロジェクト」といいます。)に参画中です。

大型船舶の場合は

【借入人の概要】

本借入人は九州・沖縄地方に本社を置き、主に国や県から発注される公共工事で使用される砂利の採取・運搬卸しを行っている会社です。

自社所有船舶を用い許可を得た地域での砂利採取を行い土木工事業者等に砂利を卸しています。

県内に砂利採取事業者が少なく、競合が少ないことが強みで、現在国を発注者とする大規模な公共工事プロジェクト(以下、「本件プロジェクト」といいます。)を抱えており、公共工事の需要に供給が追い付いていない状況です。

って明らかに同じ会社だにゃ
物知りねこさん

判明云々の前に貸付先が同じなら、前回、前々回の報告で指摘しろよ!

管理人
なんか、他人事の様に淡々と後出しで報告するんじゃない

怒り収まらない気持ちが山々ですが、ここは冷静に分析してみるとして、

リファイナンスによる資金調達には、本件船舶を韓国から日本に移送して日本での諸手続きを完了することが必須条件とし、先週の時点で第三者機関による本件船舶の査定を実施、8月19日の週には査定結果に基づいた融資証明が示される見通しとしています。

なんだか、この対応どこか似てるなと思って、過去を振り替えてみるとラッキーバンクの買付証明に似ている気がします。

書類を書く
不動産売買の買付証明書から見る【ラッキーバンク】遅延中293号ファンド8月27日現在の返済状況を読み解く!

ラッキーバンクから返済遅延中のファンドが現在どのような状態になっているかの現状報告がラッキーバンクのサイト内の自身のマイページ内で発表されました。 しかし、以前はメールで送信されていたものが、なぜマイ ...

続きを見る

この時のラッキーバンクの対応は、購入希望者は買付証明を提出して、買いたいと思っているので唾つけとくねと言っているに過ぎないのです。

結局この事案は売買不成立になってしまっている経緯を考えてみると、トラストレンディングの説明を全部鵜呑みにしてはいけない事が分かります。

大型船舶の融資証明が示される見通しと言っているので、最悪下りない可能性だってあります。

その時、船舶を売却(担保処分)する事になりますが、大型重機+艤装品+大型船舶のファンド募集額が15億円になっています。

大型船舶の担保額が不明確なのでどのくらいの額で売却できるかもわかりません。

大型船舶に投資した際にリスク分析しました。

トラストレンディングが超順調にファンド運用してると猛アピール(船舶艤装品・大型船舶建造)
【トラストレンディング】利回り11.5%砂利採取大型運搬船担保付ローンファンドに投資!

  トラストレンディングが面白いファンドを組成して募集をかけています。 大型ダンプで400台分にもなる砂利を運搬できる大型船舶の購入費等に4億円の融資で募集をかけています。 総事業費約350 ...

続きを見る

この時はこのファンド自体だけのリスクだと思っていましたが、まさか大型重機+艤装品+大型船舶まで拡大するとは思っても見ませんでした。

明らかに、我々はトラレンの手の上で踊らされているピエロです。

船を売却したところで、15億円も価値があるとは思えないし、そもそも大型重機までもリスクがくっつくとは想像できなかった。

こりゃ間違いなく元本毀損間違いなしだにゃ
物知りねこさん

2019年8月13日発表の船舶関連の各ファンドに関する状況報告

お客様各位

船舶関連の各ファンドに関する状況報告

平素よりトラストレンディングをご利用いただき誠に有難うございます。
「大型船舶建造ファンド」「船舶艤装品ファンド」「大型重機ファンド」につきまして、貸付先からの7月分の利息支払いに遅延が発生致しましたので、下記のとおり経緯と状況及び今後の対応に関してご報告申し上げます。

1.状況と経緯
2019年7月31日付のご報告のとおり「大型船舶建造ファンド」及び「船舶艤装品ファンド」の貸付先は、新たな出資(リファイナンス)により得られた資金での一括返済を計画しておりますが、一括返済の対象には関連会社への貸付である「大型重機ファンド」も含まれる予定であることが判明いたしましたのでお知らせ致します。
また、「船舶艤装品ファンド」の元本返済に数か月の猶予が必票な状況であることの申入れがありましたが、各ファンドの利払いについては遅滞なく対応することを予め文書にて合意しておりました。しかしながら、この度、7月分の利払いが滞る事態となっております。
前回の状況報告にてご説明致しました通り、リファイナンスによる資金調達には、本件船舶を韓国から日本に移送して日本での諸手続きを完了することが必須条件となるため、貸付先では、代表者が韓国に赴いて日本に向けた出航に関する諸手続きと最終決済を最優先で対応する状況が続いております。

2.今後の対応について
7月分の利息を受領していないため、「大型船舶建造ファンド」「船舶艤装品ファンド」「大型重機ファンド」につきましては本日の利益分配は御座いません。
当社としては、韓国における手続きと残債務の処理が、現時点における最優先事項であることは理解しているものの、それを理由にファンド資金の利払い延滞が継続することを許容することはできないため、延滞が解消しない限りは本件船舶に対して設定済みの船舶根抵当権の解除は行わない(*)方針であり、貸付先の対応状況によっては、韓国で本件船舶を売却(担保処分)することによるファンド資金回収への移行も辞さない考えであることを貸付先に通知致しました。
これを受けて、貸付先からは、リファイナンスによる元本償還までの間も利払いを停止するつもりはなく、リファイナンス先から融資証明が示されしだい、つなぎ融資を受ける調整も完了していることから延滞の解消は可能である旨の説明を受けております。

(*)船舶根抵当権の解除=担保権を手放す行為であるため、通常であれば貸付の弁済と同時に対応する事項ですが、今回は船舶の輸出入にあたり
根抵当権抹消が必須事項であることから、移送にかかる所要期間の前後を含む最短期間に限定して、一時的な解除に特例的に対応する予定です。
なお貸付先からの報告によれば、先週中、現地にて第三者機関による本件船舶の査定が行われており、8月19日の週には査定結果に基づいた融資証明が示される見通しとなっております。

出資者の皆様には多大なるご心配とご迷惑をお掛けしており誠に申し訳ございません。当社では引き続き、リファイナンスの実現性と実行時期ならびにつなぎ融資による延滞の解消に向けた貸付先の対応推移を注視し、進捗につきましては、改めて出資者の皆様にお知らせ致します。
以 上

高利回りに惑わされないように。

投資である以上、銀行預金と違い元本の保証がありません。

だからこそリスクとリターンを常に考えて行動しましょう。

また、ソーシャルレンディングは数ある投資商品の中では、まだ出来上がって間もない、赤ちゃんみたいな存在です。

そんな中でソーシャルレンディングにおける勉強を常にし続ける体制を構築しなけらばなりません。

ソーシャルレンディング投資は会社選びが最重要!8つのポイント担当者様に聞いてみた。
ソーシャルレンディング会社の選び方!16社の担当者様に安全性に繋がる8の評価項目を聞いてみた。

現在、ソーシャルレンディングでは不正事業者による貸し倒れ、デフォルト、延滞・遅延・期失が大量発生、大多発していて投資家の大切な資金が大損害を被っています。 資産運用を手助けする事業者や会社、金融機関は ...

続きを見る

心理学から学ぶ投資の危険性
魔法が解けたソーシャルレンディングの危険性!心理学から学ぶ人の鈍感さと偏った考え方

ソーシャルレンディング投資を行う前にFXに手を出していました。 余剰資金の中の余剰資金で本当に無くなってもいいと思ってるお金(たったの2万円ですが)でどのくらいお金が増えるか実験的な意味を持って実際に ...

続きを見る

半沢直樹 金融庁の審査
行政処分を受けた会社をまとめて比較してわかった共通点!悪質ソーシャルレンディング事業者の特徴と傾向!クラウドバンク・みんなのクレジット・ラッキーバンク・グリーンインフラレンディング(maneoマーケット)の事例から。

金融庁から行政処分を受けると業務改善命令が出され、報告書の提出と指摘された業務箇所の是正が終わらなければ(金融庁から業務再開のゴーサインがでなければ)サービスを再開することができません。 その間、ファ ...

続きを見る

ソーシャルレンディング格言・名言集
ソーシャルレンディングに役立つ投資の格言・名言。失敗しない術がここにある。

目次1 ソーシャルレンディングも投資の一つ。だからこそ役立つ格言がある。1.1 顔色の悪い社長の株は買うな1.2 卵は一つのかごにもるな1.3 命の金に手をつけるな1.4 知識への投資は常に最高の利息 ...

続きを見る

おすすめソーシャルレンディング会社は限られている。

出来上がって間もない新しい投資のなかで、損を出さずに10年、20年、30年と長い間、我々の資産運用のお手伝いができるソーシャルレンディング会社は意外に少ないのが現状です。

私も実際に利用して、これは絶対おすすめだといえる会社を紹介します。

SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディング

SBISBIグループ(SBI証券や住信SBIネット銀行)が提供する高い信用力と実績。

過去に融資審査の盲点を突かれ貸倒れが発生!

この経験を元に融資審査の更なる厳格化を図ると表明

堅実な運営をされているか担当者に質問してみた

OwnersBook

OwnersBook

上場企業の総合不動産のプロ集団の目利き力はさすが!

親会社のロードスターキャピタルの売上はすごいものがあるし、利回りが4.0%からと若干低いが、リスク低減の試みが細部にわたって組み込まれている。

堅実な運営をされているか担当者に質問してみた

クラウドバンク

クラウドバンク

数少ない証券会社が運営している。

2度の行政処分が行われたが健全化が進み、これまで貸倒れ件数0件はすごい!

最近は再生可能エネルギーに特化してしまった感が否めないが、少なからず中小企業支援やドル建てファンドも組成している。

堅実な運営をされているか担当者に質問してみた

Funds

Funds

ソーシャルレンディングのニュースサイトであったクラウドポートが運営。

貸付先がわかる革新的で先進的なスキームを採用。

貸付先は上場企業や先駆的で注目の的のベンチャー企業にしか融資を実行しないと公言され、貸付先が倒産でもしない限りは高い安全性が担保されている。

もっと詳しく

口座開設手順紹介



クラウドクレジット

出資企業が伊藤忠、第一生命保、三菱UFJ、LINE、ソニー、SBIと信頼性がピカイチ。

成長著しい新興国に投資をする為、10%以上の高い利回りが狙える。

ただし、為替リスクが発生したり、新興国ゆえんのリスクに晒される可能性もある。

クラウドクレジット内での分散投資は必須。

堅実な運営をされているか担当者に質問してみた

CREAL

CREAL

運営会社の株式会社ブリッジ・シー・キャピタルは、不動産ファンド運営事業の受託資産残高は約300億円(2018年10月末時点)を誇る資産運用会社の確かなプロ集団が手掛けるファンド

優先劣後方式なので不動産市場が下落した場合、1割程度はCREALが負担し、出資元本のリスク低減を図っている。

投資対象物件が住所地や金額まで丸わかり。

口座開設手順紹介

 

-ソーシャルレンディング, 資産運用

Copyright© Lindea(リンディア)暮らしにアイデアと投資を , 2019 All Rights Reserved.