将来の不安を払拭する便利で楽しい暮らし方、便利グッズ~資産運用までを一緒に考える。

Lindea(リンディア)暮らしにアイデアと投資を

ソーシャルレンディング 資産運用

トラストレンディング、詐欺師の山本幸雄に騙された?中央官省OBに隠された深い闇!

投稿日:

トラストレンディング、詐欺師の山本幸雄に騙された?中央官省OBに隠された深い闇!

これは本当にヤバい!

みんなのクレジット、ラッキーバンク以上にヤバいです。

横領、詐欺、背任罪に問われてもおかしく無い、限りなくアウト、いや完全アウトでしょう!

真っ黒黒助です。

トラストレンディングが発表した内容は3つに分かれています。

山本幸雄なる人物の取締役解任

トラストレンディング 山本幸雄 役員異動に関するお知らせ

以前トラストレンディングを営業している親会社のエーアイトラストの会社概要欄で役員の名前がでていましたが、今は削除されていて見れません。

Web魚拓として記録されているページを確認したら、やはり山本幸雄なる人物は記載されていませんでした。

謎の人物「山本幸雄」この取締役が紹介したファンド貸付先から、地質的支配する法人に少なくとも15億8千万円のファンド貸付金が流出している事実があるとのことを発表しました。

山本幸雄が取締役に就任した時期は平成30年10月です。

問題あるローンファンドが一番古いのは2018年2月募集の債権担保付ローンファンド105号です。

このことから山本幸雄が貸付金を詐欺ろうと企てたのは取締役に就任以前っという事になります。

そもそもここで謎が残ります。

なぜはウェブ上で全ての役員の名前を公表しなかったのか?

また、山本幸雄が取締役になっていない時期の仕事ぶり、すなわち山本幸雄と代表取締役の松本 卓也氏との関りです。

上場企業ではないのでIRを挙げる義務はないのはわかりますが、普通に考えれば、後で何かしらの不祥事が起これば、「公表されていた内容と違うじゃないか」と槍玉に上がるのは必至です。

公表されている役員の多くが中央官省の元OBである事を大々的挙げ、宣伝目的で使った。

もしくは山本幸雄をあえて隠した可能性が捨てきれません。

そこで山本幸雄なる人物を調査しました。

山本幸雄はどんな人物?

同姓同名が多い中、なかなか該当する人物がヒットしません。

顔も素性もわからない人物をネットを使って調べるのは結構骨が折れる作業ですが、あえて言います。

詐欺師は逮捕されても、また同じ事を何度も繰り返します。

この事を考慮に入れると・・・・。

がヒットしました。

一番怪しいのが昭和ゴム架空増資疑惑で暗躍した山本幸雄。

昭和ゴムが5億の増資を計り、PK社の新株予約券を行使した。その一方で、昭和ゴムから六億円が、オプティスパン社の光ファイバー事業名目で『山本幸雄』が代表であるデジットマスター社に融資されたという事もあった。尚且つ山本はオプティスパン社の営業権を譲る代金として3億5千万円を受け取ったとされている。しかし、営業権が嘘だった挙句、融資6億円の内、5億2200万円を山本に引き出されている事実が判明したので、東京地方裁判所に対し損害賠償請求の提訴を行い、全面的に認められる判決に至ったと昭和ゴム(現・昭和HD)が発表している。なぜ詐欺で訴えないのか?

この山本幸雄もまた「PK社の大株主である人物」として紹介され、松平さんの知るところとなるのだが、山本も自宅乗っ取りに登場してくる人物だ。

詐欺ろうと企てた経緯がよく似ています。

管理人
よくこんなきな臭い人物を役員に入れたな

損害賠償等請求訴訟の提起に関するお知らせ

これによると高速道路工事の工事請負代金債権を担保としたローンファンド。

債権担保付ローンファンド105号106号107号108号109号110号111号113号

Trust Lendingセレクトファンド120号121号125号126号129号130号

の貸付先と工事発注者の元請会社に対して損害賠償等請求控訴を東京地方裁判所に提起したというのです。

訴訟内容は?

貸付先と工事発注者の元請会社に対して、16億4千万円(エーアイトラストが出資している自己貸付金68百万円の劣後分も含む。)と、年利5%の遅延損害金も請求しています。

ローンファンドで集めた資金の貸付先の実態

実際には元請負会社が大手建設会社から受注している現場は

高取山トンネル西工事と川西工事の2現場だけ

高松工事と大泉西工事は受注すらしていない。

しかし、元請負会社からローンファンドで記載されている貸付先への発注は存在すらしていない。真っ赤な嘘だった。

なぜ、このような架空発注ができたのか

トラストレンディングの発表では・・・。

架空発注の実態

貸付先と工事発注者の元請負会社が共謀して、工事現場に案内したり、工事請負契約書や債権譲渡承諾書に判を押す等して、貸付金をだまし取られた。と主張しています。

管理人
これは詐欺罪と公文書偽造の罪に問われ、刑事事件化できる事案だと思うんだけど・・・。
お金を取戻す民事は大事だけど、エーアイトラストは自分の会社のお金も騙し取られたんだから、刑事事件化してもいいんじゃないにゃ
物知りねこさん

ですが先に述べたこの記事によると、民事で勝訴しているが、刑事で争っていないのです。

もう一度言います。

詐欺師は同じことを何度もします。

今回も民事で勝っても、なぜか知らないが刑事で訴えることもなく山本幸雄は雲隠れ。

そういう事になる可能性が大いにありえます。

分配金や償還ができなくなる恐れ

全額返還を求め、損害賠償請求したので分配金や償還ができなくなる可能性が予測されています。とした発表をしたトラストレンディング。

そもそも、工事の発注がないのに貸付金が山本幸雄の社長の会社に流れた

という事は、山本幸雄の手に15億8000万円もの大金が渡ったってことですから、雲隠れし、貸し付けたお金はどこか別の所に移し(マネーロンダリング)、返すお金が全くない事がおおよそ想像できます。

全損する可能性が濃厚である。

管理人
絶望的だ!
書いていて気持ち悪くなってきたにゃ
物知りねこさん

2度目の証券取引等監視委員会による勧告

債権担保付ローンファンド」及び「Trust Lendingセレクトファンド」(105号~111号、113号~138号)

投資家から総額約15億7千万円の出資

貸付先「本借入人A」

各JVから元請負会社を経由して本借入人Aが発注を受けた事実はなく、高速道路関係の工事受注を前提とした資金使途のための貸付けは当初から行われていない

Trust Lendingセレクトファンド(147号~154号)

投資家から総額約2億4千万円の出資を受けている

貸付先「本借入人B」

「土木建築事業」案件は高速道路事業

「環境の再生・保全」案件は除染事業

公共事業プロジェクトはない

除染事業における事業統括会社と同一事業者である。

資金使途のための貸付けは当初から行われていない。

燃料卸売事業者ローンファンド(193号~200号、203号、207号~210号)

投資家から総額約6億2千万円の出資を受けている。

貸付先本借入人C

30億円の売上が予定されているかのような表示をしている。

モニタリングされていない

貸付実行後のモニタリング等を行っておらず、十分な確認を行っていなかった。

その為、案件紹介等に中心的な役割を果たしていた山本幸雄取締役(平成30年10月当社取締役就任)が実質的に支配する法人に、少なくとも約15億8千万円流出していた。

審査が緩く甘い、詐欺師が入り込んでくる、モニタリングがされていない。なぜこんなことがまかり通ってしまったのか?

以前トラストレンディングに案件が的確に運用され融資審査と共に貸付実行後も追跡調査、モニタリングを行っているとした説明、回答を経た記事を掲載しました。

トラストレンディング
利回りが高い【トラストレンディング】顧客本位の取組みとリスク管理がなされているか担当者様に聞いてみた

自分の大切なお金、資産を増やすには信頼できる事業社を選ぶ必要があります。 10年20年と長い間、資産運用をお任せするうえで重要なことをトラストレンディングさんの担当者様にメールで安心、信用に値できるし ...

続きを見る

全てが嘘だった

それによると、事あるごと中央省庁の元OBの名前を挙げていた。

借入人の審査やファンド募集などは取締役会と業務執行を監査する監査役を設置することでコーポレート・ガバナンスを強化しているとしていた。

不適切運用がされないよう定期的なモニタリングを実施しておりますと言っていた。

これらすべてがざるで審査が緩くて甘く、詐欺師が入り込んでくる、モニタリングがされていなかったという事です。

また。週刊ポストの記事でこんな事を代表取締役の松本 卓也は言っています。

今回の処分についてエーアイトラストの松本代表は「行政処分については厳粛に受け止めており、再発防止に全力で取り組んでいるところです」としながら、こう述べた。

「現在、自社調査を進めているので詳しいお答えは差し控えるが、“ファンドで募った資金を当社が懐に収めた”という事実はあり得ません。官僚出身者については、私が旧大蔵省にロビイング活動などをしていた経緯で個人的な人脈があり、まず山田氏に声をかけ、彼が古巣や霞が関方面から“いいのがいる”と推挙されたと聞いている。報酬はそれなりの額を払っているので、名義貸しのような人物はおらず、みな実際に仕事をしています」

週刊ポスト2019年1月1・4日号

また、財務省出身の山田 貢氏にもインタビューをかけており、その内容は・・・。

「書類を吟味せず承認してしまったのは私の責任で、大いに反省しています。ただ、誤解を招く部分があっただけで事業そのものが架空だったわけではない。入社に関しては役所には一切世話してもらっておらず、すべて先輩・後輩という人のつながりによるもの。大物キャリアを除けば財務省OBといえども再就職を探すのは簡単でないのが現実なんです」

週刊ポスト2019年1月1・4日号

としたうえで、すべての中心人物、山本幸雄の紹介で案件を組成しているとしたと金融庁の指摘通りに、トラストレンディング内の役員も語っています。

代表取締役の松本 卓也が声を掛け山田 貢が入る→その後様々な財務省OBが入ってくる

その中で詐欺師の山本幸雄が入り込んだのでしょう。

財務省OBだから問題ないという気持ちが働いた?

代表取締役の松本 卓也も財務省OBの連中も役所の先輩・後輩から案件を紹介しているのだから、問題がでないであろうという安易な気持ちが働いたのではないだろうか?

そんな杜撰な管理をしている会社に詐欺師の山本幸雄が入るすべを与えてしまった代表取締役の松本 卓也の責任は非常に重いと私は見ています。

トラストレンディング(エーアイトラスト)は自分も被害にあったのだから、投資家よりの見解と行動を示しています。

が、このことに惑わされないように、最悪の事を想定して、最悪とは詐欺師と社長が結託して当初から想定した計画犯罪である可能性も考慮して動いた方がよさそうです。

私が投資している該当案件は

除染事業の債権担保付ローンファンド142号のみとなっています。

しかし、この問題がどこまで波及するかわからない以上、不安は残ります。

っていうか、これ書いていて吐き気がしてきた。

もう悪いことばかり起きていてどうしようもない・・・。

【トラストレンディング】2018年度の運用実績!1年間投資した結果と利益、特徴と考察
【トラストレンディング】2018年度の運用実績!1年間投資した結果と利益、特徴と考察

Trust Lending(トラストレンディング)は、金融にまつわるコンサルティング、M&A・ファイナンシャルアドバイザリー、事業者金融や、ソフトウェア開発、企業再生支援、金融事務受託業務を担 ...

続きを見る

高利回りに惑わされないように。

投資である以上、銀行預金と違い元本の保証がありません。

だからこそリスクとリターンを常に考えて行動しましょう。

また、ソーシャルレンディングは数ある投資商品の中では、まだ出来上がって間もない、赤ちゃんみたいな存在です。

そんな中でソーシャルレンディングにおける勉強を常にし続ける体制を構築しなけらばなりません。

ソーシャルレンディング投資は会社選びが最重要!8つのポイント担当者様に聞いてみた。
ソーシャルレンディング会社の選び方!16社の担当者様に安全性に繋がる8の評価項目を聞いてみた。

現在、ソーシャルレンディングでは不正事業者による貸し倒れ、デフォルト、延滞・遅延・期失が大量発生、大多発していて投資家の大切な資金が大損害を被っています。 資産運用を手助けする事業者や会社、金融機関は ...

続きを見る

心理学から学ぶ投資の危険性
魔法が解けたソーシャルレンディングの危険性!心理学から学ぶ人の鈍感さと偏った考え方

ソーシャルレンディング投資を行う前にFXに手を出していました。 余剰資金の中の余剰資金で本当に無くなってもいいと思ってるお金(たったの2万円ですが)でどのくらいお金が増えるか実験的な意味を持って実際に ...

続きを見る

半沢直樹 金融庁の審査
行政処分を受けた会社をまとめて比較してわかった共通点!悪質ソーシャルレンディング事業者の特徴と傾向!クラウドバンク・みんなのクレジット・ラッキーバンク・グリーンインフラレンディング(maneoマーケット)の事例から。

金融庁から行政処分を受けると業務改善命令が出され、報告書の提出と指摘された業務箇所の是正が終わらなければ(金融庁から業務再開のゴーサインがでなければ)サービスを再開することができません。 その間、ファ ...

続きを見る

ソーシャルレンディング格言・名言集
ソーシャルレンディングに役立つ投資の格言・名言。失敗しない術がここにある。

目次1 ソーシャルレンディングも投資の一つ。だからこそ役立つ格言がある。1.1 顔色の悪い社長の株は買うな1.2 卵は一つのかごにもるな1.3 命の金に手をつけるな1.4 知識への投資は常に最高の利息 ...

続きを見る

おすすめソーシャルレンディング会社は限られている。

出来上がって間もない新しい投資のなかで、損を出さずに10年、20年、30年と長い間、我々の資産運用のお手伝いができるソーシャルレンディング会社は意外に少ないのが現状です。

私も実際に利用して、これは絶対おすすめだといえる会社を紹介します。

SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディング

SBISBIグループ(SBI証券や住信SBIネット銀行)が提供する高い信用力と実績。

過去に融資審査の盲点を突かれ貸倒れが発生!

この経験を元に融資審査の更なる厳格化を図ると表明

堅実な運営をされているか担当者に質問してみた

OwnersBook

OwnersBook

上場企業の総合不動産のプロ集団の目利き力はさすが!

親会社のロードスターキャピタルの売上はすごいものがあるし、利回りが4.0%からと若干低いが、リスク低減の試みが細部にわたって組み込まれている。

堅実な運営をされているか担当者に質問してみた

クラウドバンク

クラウドバンク

数少ない証券会社が運営している。

2度の行政処分が行われたが健全化が進み、これまで貸倒れ件数0件はすごい!

最近は再生可能エネルギーに特化してしまった感が否めないが、少なからず中小企業支援やドル建てファンドも組成している。

堅実な運営をされているか担当者に質問してみた

Funds

Funds

ソーシャルレンディングのニュースサイトであったクラウドポートが運営。

貸付先がわかる革新的で先進的なスキームを採用。

貸付先は上場企業や先駆的で注目の的のベンチャー企業にしか融資を実行しないと公言され、貸付先が倒産でもしない限りは高い安全性が担保されている。

もっと詳しく



クラウドクレジット

出資企業が伊藤忠、第一生命保、三菱UFJ、LINE、ソニー、SBIと信頼性がピカイチ。

成長著しい新興国に投資をする為、10%以上の高い利回りが狙える。

ただし、為替リスクが発生したり、新興国ゆえんのリスクに晒される可能性もある。

クラウドクレジット内での分散投資は必須。

堅実な運営をされているか担当者に質問してみた

 

 

-ソーシャルレンディング, 資産運用

Copyright© Lindea(リンディア)暮らしにアイデアと投資を , 2019 All Rights Reserved.