将来の不安を払拭する便利で楽しい暮らし方、便利グッズ~資産運用までを一緒に考える。

Lindea(リンディア)暮らしにアイデアと投資を

ソーシャルレンディング 資産運用

CREAL(クリアル)信頼度がぐ~んとアップ!分別管理の強化発表、信託銀行に保全する重要性

投稿日:

CREAL(クリアル)信頼度がぐ~んとアップ!分別管理の強化を発表、信託保全する意味の重要性
CREAL

CREAL(クリアル)さんの信頼度と安全度がますます上がってきました。

表題にもあるように、CREAL(クリアル)さんに口座開設した際の資金滞留場所である預託金口座を楽天銀行から信託銀行に変更するとアナウンスがありました。

会社のお金と投資家のお金を適切に分け、会社のお金と混ぜて、流用しないようにする分別管理。

悪徳ソーシャルレンディング会社は分別管理を疎かにし、投資家の大切ななけなしのお金を使って自社の運営費用に充てたりとんでもないことを過去行っていた経緯から、クリアルでは徹底した分別管理の方針に変更しました。

過去に起こったソーシャルレンディングの流用事件

ソーシャルレンディングでは過去に分別管理をしていなかった為に起きた不手際、詐欺容疑事件がありました。

  • 償還金が他のファンドの償還金に当てられている。
  • 出資金がキャッシュバックキャンペーンに当てられている。
  • 出資金が白石社長の借金返済に使用されている。
  • 親会社のブルーウォールジャパングループの増資にファンド出資金が当てられている。

ファンド出資金と会社の自己資金とが同一口座で管理。

投資家から集めた出資金の一部を政治家に貸し付ける。

分別管理をしなかったために、投資家から集めたお金を勝手に使いこんだり、ファンド募集時とは違う所にお金を貸付けたり、自社の運転資金に使われたりでやりたい放題!

元々、悪い事をしでかそうとする人間以外は元々人間は弱い面を持っています。

目の前にニンジンがぶら下がっていれば、それを取って自分の物にしちゃったりすることがあるのです。

例えば、大金が目の前に積まれています。

自分は今、危機的状況化に置かれているとしましょう。

食べるものがない、とか、これを返せないと身の破滅とかいろいろあるでしょうが、そんな理由で、ちょっとくらい抜き取ってもばれやしないだろうと思ってしまうのが人間なのです。

会社は一人の人間とみなしている意思決定機関です。

人間が運営しているからこそ、心の弱い部分がどうしても出てきてしまうもの。

それを完全に投資家のお金は投資家のお金、会社のお金は会社のお金と、分ける意義、資産運用を生業としている事業者にとって至極当たり前の行いです。

CREAL(クリアル)が顧客の資金を信託銀行に移管すると何が変わる?

CREAL(クリアル)は今まで顧客の資金を楽天銀行で管理してきました。

それを信託銀行にすると言っていますが何が変わるのでしょうか?

分別管理の強化

今までは楽天銀行で分別管理を行っていました。

会社のお金と投資家のお金を区分して管理していることになっています。

区分はしていましたが、匿名組合の契約上、出資金は会社の資産となるので、もし倒産してしまったら投資家のお金も棄損してしまう可能性もありました。

もっと簡単に言うと、普通の預金口座で管理(印鑑と通帳)しているのはクリアルであり、借金返済などの負債があれば、投資家の分別管理用口座から簡単に預金を引き出されてしまいます。

悪い事しようとすれば簡単にできてしまうのです。

しかし、信託銀行に変わると外部に委託して資金を管理しているので、もしクリアルが倒産しても投資家のお金は守られることになります。

また、信託銀行が破綻してしまった場合にも信託銀行で分別管理が行われているので、資産は安全に保管できている形になっているのです。

楽天銀行 信託銀行
分別管理していたが、管理しているのはクリアル 信託銀行か管理、クリアルや信託銀行が倒産しても資金は守られる。

払戻申請時の送金期限が長くなる。

分別管理が強化され、第三者機関である信託銀行に資金の保全を委託している関係で、払戻申請時の送金機関が長くなってしまします。

注意ポイント

3営業日以内→ 5営業日以内

払戻期間が長くなるのはあまり影響が出ないでしょう。

複利の効果を期待して皆、利益(分配金)は再投資に回しているので、払戻をする人は少ないと思います。

 

CREAL(クリアル)信頼性がますますパワーアップ

この分別管理の変更で投資家の資金が安全に守られることになります。

クリアルが倒産しても出資金は守られる。

匿名組合上の制度を悪用した投資家のお金を搾取できなくなる。

良い事ずくめの今回のサービス変更は、制度上の不備を突い不良業者と一線をかく画期的な事です。

ソーシャルレンディングや不動産クラウドファンディングはまだできて間もない投資手法

証券会社、FX会社などの投資手法と比べると、分別管理や信託保証の法整備が遅れています。

不良悪徳会社のを一掃するために、法整備を急いで行い、信託保証の効いた法整備を急いでほしいものです。

が、法整備を追いついていない中、この様に率先して投資家保護を優先する会社が出てくる事は非常に良い事。

管理人
CREAL(クリアル)には大いに期待しておりまっせ

٩(ˊᗜˋ*)و

CREAL

クリアルから送られてきた信託銀行を活用した分別管理に関するご案内

いつもCREAL(クリアル)をご利用頂き、誠にありがとうございます。

この度CREALではお客様の未投資資金をより安全に管理するために、信託銀行への分別管理を実施することになりました。

信託銀行を活用し、自社が保有する資産とは明確に分別して管理することで、お客様の未投資資金をより安全に保護することができます。

また、上記に伴い払戻申請を頂いた際の送金期限を下記の通り変更させて頂きます。

・(変更前) 3営業日以内
・(変更後) 5営業日以内

※ 7/26(金)17:00までの払戻申請についてはこれまで通り3営業日以内で対応させて頂きます。
※ 払戻金額は、ご依頼いただいた金額から払戻手数料を差し引いた金額となります。
※ 払戻手数料はお客様口座により異なります。(最大258円)
今後ともCREALをよろしくお願いいたします。

-ソーシャルレンディング, 資産運用

Copyright© Lindea(リンディア)暮らしにアイデアと投資を , 2019 All Rights Reserved.