ソーシャルレンディング 資産運用

SBIソーシャルレンディング2018年度の運用実績!1年間投資した結果と利益、特徴と考察

更新日:

SBIソーシャルレンディング2018年度の運用実績!1年間投資した結果と利益、特徴と考察
SBIソーシャルレンディング

かなり遅めのSBIソーシャルレンディング2018年度の運用実績を公開します。

2018年は各ソシャレンで遅延、債権譲渡で投資家の元本が大いに棄損した年です。

その中で私はSBIソーシャルレンディングに少額投資していた中身がどのような推移を辿っていったのか実情をお話しします。

SBIソーシャルレンディング2018年度の運用実績

2018年 SBIソーシャルレンディング
運用資金 償還金 分配金 源泉微収税 収益(税引後)
1月 ¥50,000 ¥0 ¥335 ¥68 ¥267
2月 ¥50,000 ¥0 ¥258 ¥52 ¥206
3月 ¥50,000 ¥39,179 ¥264 ¥53 ¥211
4月 ¥60,821 ¥0 ¥69 ¥14 ¥55
5月 ¥60,821 ¥0 ¥366 ¥74 ¥292
6月 ¥60,821 ¥0 ¥349 ¥70 ¥279
7月 ¥60,821 ¥0 ¥372 ¥75 ¥297
8月 ¥60,821 ¥0 ¥338 ¥68 ¥270
9月 ¥60,821 ¥0 ¥361 ¥73 ¥288
10月 ¥60,821 ¥50,000 ¥335 ¥68 ¥267
11月 ¥10,820 ¥10,820 ¥62 ¥12 ¥50
12月 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0
合計 ¥99,999 ¥3,109 ¥627 ¥2,482
  • 2017年10月に5万円を投資したSBISLメガソーラーブリッジローンファンド7号が3月になり元本の一部39179円が償還。
  • と同時にSBISLバイオマスブリッジローンファンド3号に5万円を追加再投資。
  • 2018年10月、SBISLバイオマスブリッジローンファンド3号が5万円償還。
  • 2018年11月、残りのSBISLメガソーラーブリッジローンファンド7号の元本、10820円が償還。

2018年度の1年間で得た分配金合計は3109円。利回りが5.89%になりました。

2018年、SBIソーシャルレンディングで起きた遅延、貸倒れ経緯

私はこの案件には投資していませんでしたが2018年7月に「不動産バイヤーズローン16号~22号」で延滞発生しています。

16号,17号,18号,21号は、投資額を上回る償還

19号,20号は12%程度の元本割れでの償還

この案件は担保評価額(LTV)が75%ほどあるのにも関わらずに元本毀損してしまっています。

貸付先が税金を滞納していたので、国税庁が先に担保を差し押さえれてしまった為、担保権を実行することができなくなってしまったようです。

調べてみると、貸付先は株式会社トウキョウ運河、その代表がかぼちゃの馬車の件のスマートデイズの代表と同一人物だったようです。

まさしく、SBIソーシャルレンディングは罠に嵌められてしまったようです。

これに懲りて審査内容の厳格化とともにモニタリングの強化をさらに推し進めるようです。

まぁ、なんにしてもかぼちゃの馬車で相当な額を元本毀損をしてしまった人たちから比較すると、SBIソーシャルレンディングの行った元本回収能力は素晴らしいの一言です。

この一連の遅延騒動でますますSBIソーシャルレンディングの信用度、評価はウナギのぼりになる事請け合いです。

2019年の投資方針

SBIソーシャルレンディングの評価、信頼度はマックスです。

その為、ファンドが募集すると同時に瞬く間に売り切れてしまう事が非常に多い為、仕事の関係からクリック合戦参加できずに今までに至っています。

また、2018年は各ソシャレン事業者があいつで遅延、債権譲渡され、信頼が地に落ちた状態が続いてしまっていた為、様子見する為に積極的に投資をするのにためらっていました状況でもありますし、クリック合戦に無理に参加する意味もないと思い、消極的になっていました。

しかしここへ来て、貸付先の情報公開がOKになった事でSBIソーシャルレンディングがどのような案件が組成されるか、それを待ってから投資を再開するつもりです。

管理人
でも、クリック合戦に参加しても勝てる気がしない。

o(*>ω<*)o

SBIソーシャルレンディング

 

高利回りに惑わされないように。

投資である以上、銀行預金と違い元本の保証がありません。

だからこそリスクとリターンを常に考えて行動しましょう。

また、ソーシャルレンディングは数ある投資商品の中では、まだ出来上がって間もない、赤ちゃんみたいな存在です。

そんな中でソーシャルレンディングにおける勉強を常にし続ける体制を構築しなけらばなりません。

ソーシャルレンディング投資は会社選びが最重要!8つのポイント担当者様に聞いてみた。
ソーシャルレンディング会社の選び方!16社の担当者様に安全性に繋がる8の評価項目を聞いてみた。

現在、ソーシャルレンディングでは不正事業者による貸し倒れ、デフォルト、延滞・遅延・期失が大量発生、大多発していて投資家の大切な資金が大損害を被っています。 資産運用を手助けする事業者や会社、金融機関は ...

続きを見る

心理学から学ぶ投資の危険性
魔法が解けたソーシャルレンディングの危険性!心理学から学ぶ人の鈍感さと偏った考え方

ソーシャルレンディング投資を行う前にFXに手を出していました。 余剰資金の中の余剰資金で本当に無くなってもいいと思ってるお金(たったの2万円ですが)でどのくらいお金が増えるか実験的な意味を持って実際に ...

続きを見る

半沢直樹 金融庁の審査
行政処分を受けた会社をまとめて比較してわかった共通点!悪質ソーシャルレンディング事業者の特徴と傾向!クラウドバンク・みんなのクレジット・ラッキーバンク・グリーンインフラレンディング(maneoマーケット)の事例から。

金融庁から行政処分を受けると業務改善命令が出され、報告書の提出と指摘された業務箇所の是正が終わらなければ(金融庁から業務再開のゴーサインがでなければ)サービスを再開することができません。 その間、ファ ...

続きを見る

ソーシャルレンディング格言・名言集
ソーシャルレンディングに役立つ投資の格言・名言。失敗しない術がここにある。

目次1 ソーシャルレンディングも投資の一つ。だからこそ役立つ格言がある。1.1 顔色の悪い社長の株は買うな1.2 卵は一つのかごにもるな1.3 命の金に手をつけるな1.4 知識への投資は常に最高の利息 ...

続きを見る

おすすめソーシャルレンディング会社は限られている。

出来上がって間もない新しい投資のなかで、損を出さずに10年、20年、30年と長い間、我々の資産運用のお手伝いができるソーシャルレンディング会社は意外に少ないのが現状です。

私も実際に利用して、これは絶対おすすめだといえる会社を紹介します。

SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディング

SBISBIグループ(SBI証券や住信SBIネット銀行)が提供する高い信用力と実績。

過去に融資審査の盲点を突かれ貸倒れが発生!

この経験を元に融資審査の更なる厳格化を図ると表明

堅実な運営をされているか担当者に質問してみた

OwnersBook

OwnersBook

上場企業の総合不動産のプロ集団の目利き力はさすが!

親会社のロードスターキャピタルの売上はすごいものがあるし、利回りが4.0%からと若干低いが、リスク低減の試みが細部にわたって組み込まれている。

堅実な運営をされているか担当者に質問してみた

クラウドバンク

クラウドバンク

数少ない証券会社が運営している。

2度の行政処分が行われたが健全化が進み、これまで貸倒れ件数0件はすごい!

最近は再生可能エネルギーに特化してしまった感が否めないが、少なからず中小企業支援やドル建てファンドも組成している。

堅実な運営をされているか担当者に質問してみた

Funds

Funds

ソーシャルレンディングのニュースサイトであったクラウドポートが運営。

貸付先がわかる革新的で先進的なスキームを採用。

貸付先は上場企業や先駆的で注目の的のベンチャー企業にしか融資を実行しないと公言され、貸付先が倒産でもしない限りは高い安全性が担保されている。

もっと詳しく

口座開設手順紹介



クラウドクレジット

出資企業が伊藤忠、第一生命保、三菱UFJ、LINE、ソニー、SBIと信頼性がピカイチ。

成長著しい新興国に投資をする為、10%以上の高い利回りが狙える。

ただし、為替リスクが発生したり、新興国ゆえんのリスクに晒される可能性もある。

クラウドクレジット内での分散投資は必須。

堅実な運営をされているか担当者に質問してみた

CREAL

CREAL

運営会社の株式会社ブリッジ・シー・キャピタルは、不動産ファンド運営事業の受託資産残高は約300億円(2018年10月末時点)を誇る資産運用会社の確かなプロ集団が手掛けるファンド

優先劣後方式なので不動産市場が下落した場合、1割程度はCREALが負担し、出資元本のリスク低減を図っている。

投資対象物件が住所地や金額まで丸わかり。

口座開設手順紹介

-ソーシャルレンディング, 資産運用

Copyright© Lindea(リンディア)暮らしにアイデアと投資を , 2019 All Rights Reserved.