ソーシャルレンディング 資産運用

ビックニュース SAMURAI証券の親会社がmaneoを買収!!両者の思惑一致?

更新日:

ビックニュース SAMURAI証券の親会社がmaneoを買収!!両者の思惑一致?

SAMURAI証券

2018 年7月13日にグリーンインフラレンディングに端を発した問題によりmaneoは関東財務局から業務改善命令を受け、問題の改善と経営統治のあり方、資本構成のあり方、グループ構造の見直し、そしてコーポレートガバナンス態勢の見直しを図るべく2018年12月3日に経営改善委員会が設置していました。

デフォルトの危機
maneoマーケットに行政処分!償還金と分配金が滞るが唯一の救いが「留保」扱いで不安が募るグリーンインフラレンディング

  予想はしていましたが、まさか本当にこういう危機が訪れようとは・・・。 ついに次元爆弾の爆弾が破裂してしまいました。 グリーンインフラレンディングのファンド募集を司るmaneoマーケットに ...

続きを見る

環境省とグリーンインフラレンディング、業務完全命令を出されたmaneoマーケット
maneoマーケット業務改善命令!でもグリフラの募集時と違う事業支出の方が大問題、環境省の補助金返還命令の件はその一端か?

maneoマーケットに業務改善命令が出されました。 kantou.mof.go.jp  8 shares 1 pocketmaneoマーケット株式会社に対する行政処分につ ...

続きを見る

しかし、経営改善委員会を設置後も数あるファンドを組成、募集を続け、遅延、期失が大発生、被害が拡大していっている状況でした。

激甘ティラミス
maneoティラミスに砂糖とはちみつをかけた如くの融資判断の激甘に物申す

  目次1 maneoの遅延多発状況からみる融資判断の甘さ1.1 【不動産担保付き】1,000億円突破記念ローンファンドの事例をみると・・・。1.2 ガイアファンディングの事例から見ると・・ ...

続きを見る

管理人
経営を改善する為の委員会で問題提起し改善案を出す委員会なのだから、その間ファンド募集止めろよ!!

っとぶっ飛ばしたくなる気持ちは置いといて、私もガイアファンティング・クラウドリース・グリーンインフラレンディングで遅延を食らっている身です。

maneo単体だけでは経営できない、信用できないと誰しも思っていた事でしょう。

それが、今日、2019年9月17日に両社から発表した内容が・・・

maneo前代表の瀧本憲治氏が保有する株式持分の全てをNLHD 株式会社(SAMURAI証券の親会社SAMURAI&JPARTNERSの筆頭株主である藤澤信義氏が 100%保有する個人持株会社である個人持株会社)に売却する事としたと発表されました。

NLHD株式会社【持ち株会社】(筆頭株主:藤澤信義)
Jトラスト(CEO:藤澤信義) SAMURAI&JPARTNERS(CEO:山口慶一)
日本保証(CEO:上村 憲生)
パルティール債権回収株式会社(CEO:朝倉英雄)
株式会社Key-holder(CEO:畑地茂) JトラストアジアPTE. LTD.(CEO:藤澤信義) SAMURAI証券株式会社(CEO:中山幹之) SAMURAI ASSET FINANCE株式会社(CEO:村田健太郎) SAMURAI TECHNOLOGY株式会社(CEO:大竹雅治) 株式会社UML教育研究所(CEO:村田健太郎)

藤澤信義

株取得

瀧本憲治

持ち株全部売却

maneoマーケット株式会社(CEO:安達 義夫)筆頭株主:瀧本憲治
maneo株式会社(CEO:味形衛)  株式会社リクレ(CEO:久保田正清)

 

maneoの株主構成

  • 瀧本憲治
  • GMOフィナンシャルホールディングス株式会社
  • 株式会社VOYAGEVENTURES
  • MICイノベーション4号投資事業有限責任組合
  • SMBCベンチャーキャピタル2号投資事業有限責任組合
  • SpiralVenturesJapanFund1号投資事業有限責任組合
  • アイビス新成長投資事業組合第4号
  • 池田泉州キャピタルニュービジネスファンド4号、5号投資事業有限責任組合
  • SV-FINTECH1号投資事業有限責任組合

上場されていないmaneoは有価証券報告書の掲示義務は負っていないのでどのくらいの比率かはわかりませんが、過半数かもしくは2/3以上持っているものと思われます。

社長は退任していますが、株を全部売却されてしまった以上、経営権、株主総会の特別決議が行使できなくなりますので事実上、会社とは全く関係ない普通の人になった事を意味しています。

maneoはSAMURAI&JPARTNERS傘下に組み込まれる

発表ではSAMURAI&JPARTNERS、日本保証、Jトラスト、サムライ証券から役員を送り込み、経営の立て直しを図るものと思われます。

まとめていて気が付いたのですが、maneo側は債権回収会社がないんですよね。

債権の回収の業務部署ない、貸し付け業務しかない会社が債権をまともに回収できるとはとてもも思えない。

第三者機関からなる経営改善委員会の指摘で、このことも指摘されたのかもしれません。

Jトラスト傘下のパルティール債権回収株式会社の力を借りて回収のスピードを加速させられるかもしれません。

これいい流れになってきたにゃ
物知りねこさん

また、SAMURAI&JPARTNERSやJトラストは内部監査体制化しっかりしている上場企業です。

事業者リスク回避策(上場企業偏)ソシャレン・不動産クラファン不正防止監査体制比較

2018年度はソーシャルレンディングにとって事業者リスクが露呈した年でした。 問題を起こしているソシャレン事業者はそのほとんどが新興企業やベンチャー企業です。 新興企業やベンチャーが全て悪、というわけ ...

続きを見る

元々厳しい内部監査と外部監査を敷いているので、不正が起こりづらい

信用が地の底、遅延多発で回収が難しい案件を多く持っていて、自社では業務復興は難しいと判断したmaneo

事業の柱がSAMURAI TECHNOLOGYの「Fast Connector」しかなく、腐ってもmaneoの強固なネームバリューと経営基盤を乗っ取り、脆弱な基盤、持続可能な利益を確保を狙ったSAMURAI&JPARTNERS。

両者の意見、思惑が合致したのでしょう。

しかし、SAMURAI&JPARTNERSやJトラスト両者とも上場企業ではあるものの、毎年赤字を垂れ流し続けている会社であることに注意しなけらばなりません。

大量保留された遅延中の案件を捌ききれるのか?

その手腕が試されています。

 

 

SAMURAI&J PARTNERS株式会社からのmaneoマーケット株式会社に係る方針決定及び当社取締役による取締役兼任に関するお知らせ発表内容全文

各 位
会 社 名 SAMURAI&J PARTNERS株式会社
代表者 名 代表取締役社長 山口 慶一
コード・上場 4 7 6 4 ・ J A S D A Q
問合せ 先 取締役管理本部長 正司 千晶
電話番 号 0 3 - 5 2 5 9 - 5 3 0 0 (代表)

maneoマーケット株式会社に係る方針決定及び当社取締役による取締役兼任に関するお知らせ

当社は、ソーシャルレンディングサービスサイトを運営する最大手であるmaneoマーケット株式会社(以下、「maneo社」といいます。)及びその子会社maneo株式会社、株式会社リクレ(以下、maneo社とその子会社を「maneo社等」といいます。)の信用回復に向けた取組みを行う方針を決定し、当社取締役がmaneo社の取締役を兼任することが内定いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。
なお、maneo社におきまして、「資本構成の変更および新たな役員の選任に関するお知らせ」が本日公開されております。


1. 本取組みを行う方針となった背景
クラウドファンディング業界におきましては、非投資型である「寄付型」が認知され、その後、「購入型」、「投資型」と普及し、金融庁の法改正をきっかけに 2017 年度より急激に盛り上がりをみせてきた反面、ソーシャルレンディング事業者による不正事象が相次ぎ、金融庁が行政処分を執行するなど、特にソーシャルレンディング業界の信用性が大きく損なわれている状態です。
maneo社につきましても、2018 年 7 月13 日付にて関東財務局から業務改善命令を受け、2018 年 12 月 3 日に経営改善委員会が設置されております。その後、2019 年 3 月 29 日付にて経営改善委員会より「経営改善に向けた提言書」を受領し、同日、公表されております。(https://www.maneo.jp/apl/information/news?id=7992 にて公表)
このような状況の下、maneo 社の筆頭株主が NLHD 株式会社(当社の筆頭株主である藤澤信義氏が 100%保有する個人持株会社)(以下、「NLHD 社」といいます。)に異動となました。また、当社グループは、既に第一種・第二種金融商品取引業、電子申込型電子2募集取扱業務や貸金業のライセンスを取得し事業を行っており、「上場会社グループである証券会社が運営するクラウドファンディング」という公正性と透明性を活かして個人投資家等の皆様に投資環境を提供しております。
上記を背景に、NLHD 社と当社は、maneo 社等の信用回復に向けた取組みにつき協議を重ねており、当社グループが maneo 社等に対し本取組みを行うことで、ソーシャルレンディング業界の信用回復に貢献できるものと考え、同時に当社グループの成長にも繋がるものであると判断し、この度の方針決定に至っております。
2.本取組み先企業の概要
① 名 称 maneo マーケット株式会社
② 所 在 地 東京都千代田区内幸町 1 丁目 1 番 7 号 日比谷 U-1 ビル
③ 代表者の役職・氏名 代表取締役 安達 義夫
④ 事業内容
「maneo(マネオ)」をはじめとしたソーシャルレンディングサービスサイトの運営、募集の取扱い(取得勧誘)及び投資家の管理。
⑤ 資 本 金 308,518,500 円
⑥ 設 立 年 月 2007 年 8 月
⑦ 大株主及び持株比率 NLHD 株式会社 84.95%
⑧当社と当該会社との
関 係
資本関係 該当事項はありません。
人的関係 該当事項はありません。
取引関係 該当事項はありません。
関連当事者への該当状況 関連当事者に該当します。
⑨当該会社の最近 3 年間の連結経営成績及び連結財政状態
(単位:百万円。特記しているものを除く。)
決算期 2017 年 3 月期 2018 年 3 月期 2019 年 3 月期
連 結 純 資 産 1,169 1,641 2,114
連 結 総 資 産 19,503 44,005 34,493
連 結 売 上 高 2,191 3,295 4,057
連 結 営 業 利 益 344 743 816
連 結 経 常 利 益 343 744 826
親 会 社 株 主 に 帰 属 す る
当 期 純 利 益
198 467 416
3
3.取締役を兼任する当社取締役
当社としましては、下記取締役が maneo 社の経営に参画することで本取組みが加速されるものと考えております。なお、本件につきましては、2019 年 9 月 25 日開催予定の maneo社株主総会における承認を経て、正式に決定する予定です。
氏名 maneo 社役職名 当社役職名
塩澤卓也 社外取締役(予定) 取締役 CFO 兼事業本部長
4.今後の見通し
今後、更なる進捗があり、当社グループの業績に影響を与えることが判明した場合は、速やかにお知らせいたします。
以 上

maneoマーケット株式会社より発表された資本構成の変更および新たな役員の選任に関するお知らせ全文

maneo マーケット株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:安達義夫、以下「当社」)は前代表瀧本憲治氏が保有する当社株式持分の全てを、NLHD 株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:藤澤信義、以下「NLHD 社」) に売却することを本日開催の取締役会において承認しましたのでお知らせします。今後更なる業務改善・投資家保護推進の為、NLHD 社および NLHD 社が株式を保有する J トラストグループ、SAMURAI&JPARTNERS グループと連携しながら業務を遂行してまいります。
併せて、下記の通り、新たに当社の取締役・監査役の選任を予定しており、2019 年 9 月25 日に株主総会を招集することと致しました。なお、代表取締役は総会後の取締役会にて決定する予定です。
新任取締役候補者の略歴
氏名 略 歴
藤澤信義
2007 年 8 月 かざか債権回収株式会社(現パルティール債権回収株式会社)代表取締役会長
2008 年 6 月 株式会社マスワーク(現キーノート株式会社)取締役
2010 年 6 月 J トラスト株式会社取締役
アドアーズ株式会社(現株式会社 KeyHolder)取締役
2010 年 10 月 J トラスト株式会社取締役最高顧問
2011 年 5 月 アドアーズ株式会社(現株式会社 KeyHolder)代表取締役会長
2011 年 6 月 J トラスト株式会社代表取締役社長
2013 年 10 月 JTRUST ASIA PTE.LTD.代表取締役社長(現任)
2014 年 1 月 親愛貯畜銀行株式会社(現 JT 親愛貯畜銀行株式会社)会長
2014 年 5 月 アドアーズ株式会社(現株式会社 KeyHolder)取締役会長
2014 年 9 月 LCD Global Investments LTD.(現 AF Global Limited.)取締役
2015 年 3 月 JT キャピタル株式会社理事会長(現任)
2015 年 6 月 PT JTRUST INVESTMENTS INDONESIA 代表理事
アドアーズ株式会社(現株式会社 KeyHolder)取締役(現任)
J トラスト株式会社代表取締役社長 最高執行役員(現任)
2017 年 3 月 株式会社デジタルデザイン(現 SAMURAI&J PARTNERS 株式会社)社外取締役

佐藤友彦
1984 年 2 月 株式会社クレディア 入社
2005 年 1 月 SBI 債権回収株式会社へ出向 同社取締役
2008 年 10 月 株式会社フロックス(現株式会社クレディア) 入社
2008 年 12 月 ネオライン債権回収株式会社(現リンク債権回収株式会社)代表取締役
株式会社フロックス(現株式会社クレディア)取締役
2011 年 6 月 株式会社フロックス(現株式会社クレディア)代表取締役(現任)

藤原治
1989 年 3 月 株式会社ビィー・ジャパン 入社
2002 年 9 月 株式会社ビィー・ジャパン取締役
2004 年 7 月 株式会社ネクストステップ取締役
2005 年 8 月 株式会社ライブドア入社
株式会社ライブドアクレジットへ出向 同社営業本部長
2008 年 7 月 株式会社フロックス(現株式会社クレディア)取締役
2008 年 9 月 株式会社アプリス取締役
株式会社クレディア取締役
2008 年 10 月 株式会社 SF コーポレーション取締役
2008 年 12 月 ネオラインキャピタル株式会社取締役
2009 年 3 月 ネオライン債権回収株式会社取締役
2009 年 8 月 ヴィンテージ株式会社代表取締役
ワークアウト債権回収株式会社 代表取締役
2009 年 10 月 Jトラスト株式会社 執行役員営業本部長有担保ローン部長
2010 年 5 月 Jトラストフィナンシャルサービス株式会社取締役営業本部長
2010 年 6 月 パルティール債権回収株式会社取締役
2010 年 7 月 株式会社ロプロ(現株式会社日本保証)取締役
2010 年 8 月 Jトラストフィナンシャルサービス株式会社
取締役営業本部長兼事業者ローン部長
2010 年 9 月 Jトラストフィナンシャルサービス株式会社
取締役営業本部長兼事業者ローン部長
兼コンシューマーローン部長兼割賦事業部長
2010 年 12 月 株式会社ロプロ(現株式会社日本保証)取締役営業本部長
2011 年 5 月 株式会社ロプロ(現株式会社日本保証)代表取締役社長
2011 年 8 月 KCカード株式会社(現Jトラストカード株式会社)社外取締役
2012 年 5 月 株式会社たかせん代表取締役社長
2012 年 6 月 株式会社日本保証代表取締役社長
2012 年 12 月 株式会社日本保証取締役
パルティール債権回収株式会社取締役副社長
2016 年 6 月 パルティール債権回収株式会社常務取締役執行役員営業本部長
2017 年 6 月 株式会社日本保証専務取締役執行役員(現任)
2018 年 10 月 ジャパンギャランティー株式会社取締役
2018 年 11 月 ジャパンギャランティー株式会社専務取締役(現任)
2019 年 6 月 キーノート株式会社取締役(現任)
※社外取締役の野尻明裕氏からは 9 月 13 日付で辞任届を受領しており、9 月 25 日付で退任となります。

塩澤卓
2005 年 3 月 株式会社エーエーディ 入社
2012 年 5 月 株式会社バニラ監査役
2015 年 8 月 株式会社 OLIVE SPA Holdings 取締役
2016 年 4 月 オリーブスパ取締役
2017 年 3 月 株式会社デジタルデザイン(現 SAMURAI&J PARTNERS 株式会社)取締役(現任)
2017 年 11 月 AIP 証券株式会社(現 SAMURAI 証券株式会社)取締役(現任)
2018 年 1 月 株式会社ヴィオ(現 SAMURAI TECHNOLOGY 株式会社)取締役(現任)
2019 年 4 月 株式会社 UML 教育研究所代表取締役(現任)

※社外取締役の野尻明裕氏からは 9 月 13 日付で辞任届を受領しており、9 月 25 日付で退任となります。

新任監査役候補者の略歴

菊池正光
1991 年 4 月 株式会社太陽神戸三井銀行(現 三井住友銀行) 入行
2016 年 11 月 J トラスト株式会社 入社 同社財務部次長(現任)
※監査役の新妻暁子氏からは辞任の意向を受けており、9 月 25 日付で退任となります。

■NLHD 株式会社 会社概要
本社所在地 :東京都港区南麻布 4−5−48
代表者 :代表取締役 藤澤信義
資本金 :10 百万円
設立 :2009 年 3 月 11 日
■maneoマーケット株式会社 会社概要
本社所在地 :東京都千代田区内幸町 1-1-7
代表者 :代表取締役 安達義夫
資本金 :308 百万円
設立 :2007 年 8 月 30 日
URL :https://www.maneo.jp/
金融商品取引業者:関東財務局長 (金商) 第 2011 号
■本リリースに関するお問い合わせ
Mail :info@maneo-market.jp
FAX :020-4664-4308

Jトラストより発表された当社子会社によるmaneoマーケット株式会社への業務支援に関するお知らせ全文

当社子会社である株式会社日本保証(代表取締役社長:上村 憲生、本社:東京都港区、以下、「日本保証」といいます。)及びその子会社であるパルティール債権回収株式会社(代表取締役社長:朝倉 英雄、本社:東京都港区、以下、「パルティール債権回収」といいます。)は、本日開催の取締役会において、ソーシャルレンディングサービスサイトの運営において最大手であるmaneoマーケット株式会社(以下、「maneo社」といいます。)及びその子会社maneo株式会社、株式会社リクレ(以下、maneo社とその子会社を「maneo社等」といいます。)の信用回復に向けた業務支援を行う方針を決議いたしましたのでお知らせいたします。
また、併せて当社及び当社子会社の役職員がmaneo社等の役員を兼務することが内定いたしましたのでお知らせいたします。 詳細につきましては、次頁以降に添付しております日本保証、パルティール債権回収連名のプレスリリースをご参照ください。

以 上

日本保証より発表された株式会社日本保証とパルティール債権回収株式会社のmaneo マーケット株式会社への業務支援に関するお知らせ 全文

お客さま各位
株式会社日本保証
パルティール債権回収株式会社

株式会社日本保証とパルティール債権回収株式会社のmaneo マーケット株式会社への業務支援に関するお知らせ

株式会社日本保証(代表取締役社長:上村 憲生、本社:東京都港区、以下、「日本保証」といいます。)と子会社であるパルティール債権回収株式会社(代表取締役社長:朝倉 英雄、本社:東京都港区、以下、「パルティール債権回収」といいます。)は、ソーシャルレンディングサービスサイトを運営する最大手である maneo マーケット株式会社(以下、「maneo 社」といいます。)及びその子会社 maneo株式会社、株式会社リクレ(以下、maneo 社とその子会社を「maneo 社等」といいます。)の信用回復に向けた業務支援を行う方針を、2019 年 9 月 17 日付け取締役会にて決議し、日本保証の取締役が maneo社の取締役を兼務することが内定いたしましたのでお知らせいたします。
なお、取締役内定の概要につきましては、maneo 社が本日公開しております「資本構成の変更および新たな役員の選任に関するお知らせ」をご参照下さい。
日本保証は、2019 年 5 月より保証事業の拡大を図るべく、ソーシャルレンディングの債務保証を開始しております。
maneo 社等の既存個人投資家の皆様に対する安全性の高い保証商品や、パルティール債権回収による積極的な回収の支援を行うことにより maneo 社等の信用回復ができるものと考えております。
【会社概要】
(1) 商 号 maneo マーケット株式会社
(2) 本 店 所 在 地 東京都千代田区内幸町 1 丁目 1 番 7 号 日比谷U-1 ビル
(3) 代表者 代表取締役 安達 義夫
(4) 設 立 年 月 日 2007 年 8 月
(5) 資本金 308,518,500 円
(6) 事業内容
「maneo(マネオ)」をはじめとしたソーシャルレンディングサービスサイトの運営、募集の取扱い及び投資家の管理なお、今後、具体的な進捗や展開がありましたら速やかにお知らせいたします。
≪本件に関するお問合せ≫
【株式会社日本保証 経営管理部】
お問合せ 03-6830-8100(代表)
【パルティール債権回収株式会社 経営管理部】
お問合せ 03-4330-9988(代表)

-ソーシャルレンディング, 資産運用

Copyright© Lindea(リンディア)暮らしにアイデアと投資を , 2019 All Rights Reserved.